磊人プロフィール

磊人 らいと


 愛媛県松山市生まれ、文化服装学院卒業。アパレル、旅行、美容業界に勤務。ヒーリング&リラクゼーションスパなどの開業や運営の起業コンサルタントに就く。担当サロンにおいて年間2000人以上の心のカウンセリングを行うと共に、2005年から週末起業としてチャネリング個人セッションを開始。2011年独立。2013年、東京(御茶ノ水)に道場「素音洞:すのおとどう」をオープン。心と身体と魂の三位一体のケア、心の声を聞き自分らしく生きる魂の自立のサポートを行っている。循環型社会のライフスタイルの実現に向けて、リトリートハウスのプロデュースや自然農法や自然治療、新しいコミュニティ作りを仲間と共に実践中。人や自然・宇宙とふれあうことが好きです。 著書:[LIVE 上映版]日月神示〈上・下〉(ヒカルランド)  


ワンダラー磊人の宇宙人的地球LIFE~磊人オフィシャルブログ~

ワンダラー磊人の日常生活や活動内容。
人生そのものがクリエイション。魂を身体に乗せて旅する「地球の旅」の途中に出逢う人や出来事など、宇宙人的地球LIFEの暮らしをご紹介します。生活こそがアート!

 

最新 ブログ

大きな流れ
目には見えない世界では想像をはるかに超えた大きな流れがあるものごとを進める時に計画を立てるのはあたりまえと教えられ信じているうちは先行きの見通しもないままに思いっきりのいい行動に出れないものである そのことがいずれ 音を立てて崩れ去る無計画に行きあたりで歩みはじめるとそこからすべて順調に進んで行くのであるクリックして応援お願いしますブログランキングに参加中!人気ブログランキングへ磊人 メールマガジンの登録はコチラ◇セドナ&ホピリトリート満席になりました9月18日(月)〜26日(火)※9月27日
>> 続きを読む

 ライトワークメンバー

 ゆづ

アウェイクヒーリング


1984年宮崎県に生まれ高校を卒業後、東京で就職するが生き方について考えるようになりパーマカルチャーと出会う。パーマカルチャーと福祉に興味を持ち、学び実践するために大学に入学。在学中は各地にあるコミュニティを訪ねる。小田まゆみさんの運営するハワイ島のジンジャーヒルファームを訪ね、本格的に学び、自分の気持ちに素直に暮らしていくには、パーマカルチャーをライフスタイルに取り入れることの必要性に気づく。現在、松山にてアウェイクヒーリングの施術を行いながらとパーマカルチャーに取り組んでいる。         

 


ゆづは魔法使い~アウェイクヒーリングで「心・体・魂」を目覚めさせ、現代人をストレスから解放します〜


【2017年10月】《愛媛松山》アウェイクヒーリングスケジュール
10月度の愛媛県松山でのアウェイクヒーリングの予定です。シャスタ・セドナ・ホピで感じた新しい試みなど取り入れて施術をさせて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。10月1日(日)受付終了2日(月)受付終了3日(火)◯4日(水)◯5日(木)◯6日(金)◯7日(土)◯8日(日)◯9日(月)◯10日(火)◯11日(水)◯12日(木)◯13日(金)◯14日(土)◯お申込みはコチラをクリックランキングに参加してます。よろしければポチッとお願いします。人気ブログランキングへAwake healing
>> 続きを読む

 アルタード翔(かける)

フレームドラム


福井県敦賀市生まれ奈良育ち。現代社会への違和感などにより世界へと旅に出た。世界各地のドラムを学ぶ中で古代オリエント起源の楽器フレームドラムに出会う。その幽玄な響きの中で歌うことで異なる時空が開くことを発見して独自の表現を始める。トルコやイランにて現地の音楽を学び帰国後に雅楽の龍笛を始める。魂の記憶へと意識を向けるための即興演奏や参加型WSなどを行っている。ライトワーク主催のリトリートでは2017年4月の熊野ツアーで自我が崩壊するような体験、5月のアメリカリトリートでは魂の記憶が甦るような体験をする。自分の魂がやりたかったことをライトワークの活動の中に見つけた。


 クボッキー

リトリートハウス 皆家


瀬戸内海の海辺でリトリートハウスを運営しながらヒーリングやマッサージの施術を行っている。以前は茅ヶ崎にマイホームを購入し都内に通勤する毎日を10年程していたが、自分の好きな事をやって生きていくことを実践するため人生チェンジをする。畑で作物を育てているうちに自然にパーマカルチャーの実践者になっていた。循環型の生活を取り組む人たちが集まりコミュニテーができている。目指すは支出ゼロ円生活。

 


愛媛県・松山市のリトリートハウス皆家~本当の自分に戻る場所~

ムネッキー
(サロンMicare)

1972年愛媛県西条市生まれ、大学を卒業し、東京でサラリーマンを経験後、父親の突然の他界で27歳から愛媛の実家の家業の3代目として15年間、経営者として働く。2001年に妻のなっちと結婚。
結婚後は更に「ねばならない」を忠実に実践し自らを追い込む。2012年、妻のなっちが「生きている実感を持ちたい!」とカラーセラピーやレイキに触れていく姿を側で見て、自分自身に向き合い始める。2013年暮れに、自分らしく生きたいと決め、全てを手放す。手放した後から発生した体の感応に悩まされる中で2015年暮れに磊人さんのセッションに出会う。セッションで出た課題を取り組む中で、自らが「整っていく」という体験をする。

現在は、西条市内にサロン付きの自宅を建て妻のなっちと共にハーバリックヒーリングテントで変容のサポートをしている。